思考は現実化する、成功の先取りをする「心のコミュニケーションアート」|TOP

こんにちは。

コミュニケーションアート画家の
はせがわいさおです。

私はこれまでに、
スターリィマンを描く中で、
様々なご縁をいただいて参りました。

30年以上も描き続けておりますと、
様々なお話をお伺いする機会があり、
特に多いのが・・・

・経営は順調だけど
会社や社員に夢がない

・個人事業を営んでいるけれど
起業当初の夢や希望を持てない

・家族との時間が余り取れなくて
心を通わせるきっかけがない

と言ったお話です。

理想と現実との違いに落胆し、
段々と夢がしぼんでいってしまう。

そんな胸の内をお聞きするたびに、
何かお役に立てないだろうかと
もどかしい気持ちでいっぱいになります。

忘れかけていた夢を
叶えるためにもう一度、
希望を取り戻したい。

そんなあなたのために、
夢を叶える9つの風船を届ける
スターリィマンを描いている私が、
あなたの力に成れるのでは?

と思い、この場に私の気持ちを
残すことに致しました。

ここでの出逢いが、
あなたの人生を好転させる
ご縁となりましたら心より幸いです。

さて、独自に活動をしておりますので、
私のことをご存じでない方も
いらっしゃるかも知れません。

なので、ほんの一部ですが、
お客様から頂いたお喜びの声を、
ご紹介させていただきます。

★お客様の声「音頭金属株式会社
代表取締役社長 音頭則晴 様」はこちらから

★その他のお客様の声こちらから

 

いかがでしたでしょうか。

もちろんこれらは、
すべてオーダーメイドで
描いた作品です。

ご依頼いただくお客様によって、
描く内容は違いますが、
このようなお喜びの声を幾つも、
頂戴しております。

ちなみにお客様から、

「こんなの書いて欲しい!なんて、
こちらの希望を叶えてもらうのは、
やっぱり難しいですよね?」

と言ったご相談も数多く、
いただいているのですが・・・

たしかにアートは芸術の世界ですから、
大多数の作家さんは、ご自分の世界感を
いかに表現するかにこだわる方が、
多いのでは無いかと思います。

ですから、独自の絵の世界観の中に、
お客様の希望を描くのは困難な方も
中にはいらっしゃるかもしれませんね。

しかしながら、私がお客様のために
作品を描く際に一番大切にしているのは、

『お客様に喜んでいただけること』 です。

ですから、いかにお客様のご希望に
寄り添うことができるか?を
いつも考えながら描いています。

そして、最も重要なのは、

「お客様が私が描いた作品と関わった事で、
その後の未来がどうなったのか?」
だと思うのです。

画家として、お客様の成幸が、
私の何よりの成幸だからです。

ただ、そう言いましても、

無償でお描きすることは
もちろん出来ません。

肝心の制作費用も、
気になるとは思います。

・・・正直に申し上げますと、
作品のサイズや描く素材によって、
様々に異なってきます。

具体的に例をあげますと・・・

企業様から大作をご依頼いただき、
100万円以上となったケースもあれば、
お子様への贈りものにとのご依頼に、
お客様のご予算である10万円の中で、
お受けしたというケースもあります。

◎ご参考までに価格表はこちら

だからこそ一概に、
「これは幾らいくらです」といった、
ご案内をすぐにすることが出来ません。

そこで私なりに考えたのですが・・・

気軽に無料相談してみませんか?というのが、
今回ご縁をいただいたあなたへのご提案です。

もちろん、
お問い合わせいただくことで、
費用をいただくことなどございません。

また、ご案内後ご納得いただけないならば、
一切ご依頼いただく必要もございません。

・・・ただ、ここで出逢ったのも
何かのご縁かと思います。

私の言葉に耳を傾けて、
少しでも感じることがあれば、
まずはお気兼ねなくご相談ください。

ご縁のあるあなた様からのご相談を、
心より楽しみにお待ちしております。

それでは、
貴重なお時間をいただきまして、
誠にありがとうございました。

追伸:

夢を実現する方法であれば、
自己啓発本やセミナーを始め、
学べる機会は沢山あります。

私もこれまでに、数多くの
著名な先生方とのご縁をいただき、
価値あるお話を数多くいただいて、
生きて参りました。

ですから、人生を豊かにする
教えや言葉に触れることの素晴らしさを
常日頃より感じております。

でも、だからこそ画家である私には、
私にしか出来ないことがあることにも、
ある時から意識するようにもなりました。

もちろんですが、

私が描いた作品がどうして、
お客様の人生を好転させてしまうのか、
未だに私にだって説明は仕切れません。

しかしながらそれが心の対話を促す、
コミュニケーションアートの力としか、
言い様がないことにも気づかされます。

それにいつまで描き続けられるか、
正直言って私にも分かりません。

だからこそ私は、
残された時間のなかで、
私に与えられた天分をもって、
ご縁のある方のお役に立ち続けたい。

それが私の「夢」であり「願い」です。

素敵なあなたの夢が叶いますように。
ご縁に心より感謝しております。

はせがわいさお

プロフィール

はせがわいさお コミュニケーションアート画家
1956年、福島県会津若松市生まれ。4歳から埼玉県さいたま市(旧大宮市)在住。

日本大学芸術学部美術学科(現デザイン学科)卒業後、フリーイラストレーターとして広告、出版界で活躍すると同時に画家としてデビュー。1987年に、作品の主人公であるスターリィマンを、娘・祐希の3歳の誕生日プレゼントとして初めて描き、その後、お話を創作する妻と共にシリーズで創作し続けている。

1997年、阪神淡路大震災のチャリティー絵画展への参加を機に、版画作家として全国展開を行った後、2007年に独立。絵とお話と朗読で観る人の心と心をつなぐコミュニケーションアートを確立。世界中が家族のような温かなきずなでつながることを願い、子どもから大人まで幅広い世代を対象にしたイベント、展覧会、朗読コンサートなどを日本全国で展開している。

画家としての創作の傍ら、2011年の東日本大震災後に、「スターリィマン紙芝居プロジェクト」を沖縄の方々と共に立ち上げ、岩手・宮城・福島・茨城の子ども達のいる保育園・幼稚園・小学校を中心に、仮設住宅、老人介護施設、社会福祉施設、図書館、公民館などで紙芝居ライブを行い、紙芝居を贈る活動を行う。

また2011年の10月からは、紙芝居の活動で訪れた各地の復興を祈り描いた「被災地の未来を輝かす心の原風景」や、縁ある地域の心の原風景を語り伝えながら、ふるさとを愛し誇りに想う心をつなぐ活動を精力的に行う。
2019年より、沖縄から平和の心を世界中に届ける架け橋になれたらと願い、「スターリィマンと旅する沖縄の世界遺産を巡る9つの物語」の絵と物語の作品を描き、語り継ぐプロジェクトをスタートした。

2017年11月5日に、スターリィマンは30周年を迎え、2019年には画家40年を迎えた。

【代表作】
 ◇「風の旅人」(伊・グレゴリア大学名誉作家認定作品)
 ◇「第13回 NHKハート展」の作画者
 ◇武蔵一宮氷川神社 作品ご奉納(新祈祷殿展示)
 ◇常陸之国一之宮鹿島神宮 作品ご奉納(新祈祷殿展示)
 ◇日本郵船氷川丸 竣工85年記念 作品寄贈(氷川丸船内展示)

【書籍】
 ◇「はせがわいさおコミュニケーションアート作品集〜夢〜」(角川学芸出版)
 ◇「いつも君のそばにいるよ」(学研パブリッシング)
 ◇「Negai」旅するスターリィマン〜過去と未来をつなぎ今を生きる〜
 ◇「スターリィマン30周年記念作品集〜愛と夢の30年の軌跡〜」

★推薦者の声はこちらから